上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-- -- -- -- | スポンサー広告
top
どうもどうも。
twitterでトマト式IR通信装置のことを話して赤外線CW通信装置のカテゴリをみせたら、リモコンの規格を知らないを誤解されて、わざわざURLまでしょうかいしてもらってしまったトマト大佐です。
某氏、ホントに有り難うございます。そしてすみませんm(_ _)m
なんか気づいたら説明をしてくださってて、
「知ってます。」
ってもの凄く言い辛くて・・・
なんか説明してくださってる先輩に「知ってます。」
とか言うと失礼だし角が立つしなんか言えませんでした。
規格については赤外線リモコン受信モジュールのことを調べてる最中に知りました。
最後にしれっと
「普通の赤外線リモコン受信モジュールが受信するかたちでイイんですね。」
てきなことは言いましたけど、、、
本当にご丁寧にご説明頂き有り難うございます。

さて本題いきますか。
先日の記事でM4A1の修理が貰った部品と交換して、あと組み立てるだけの所までいったと書きましたがその後、組み立て、無事修理完了しました。
早速試射したところ、バネを伸ばしてたせいか連射が遅くなっていました。
まぁその分、飛距離がちょっと(0.5~1m)延びたのでイイのですがなんか締まりがないというか
「おい、そろそろ寿命じゃないか?」
と思わせるような速度になってました。
さらにマガジンも給弾不良が相次いで、実戦では某国製のK11並に使えそうに無い状態でした。
が、面倒いし使えない分けでも無いし良っかww
と言うことで放置してたんですが(オイ
本日、プカチョフ・コブラ立案、企画の非公式なサバゲー合コンがあり、自分も招待されてて、何かやる気になったので、改造しました。
主にやったことは2つ。
・ハイサイクル化
・静音化
まず、ハイサイクル化ですが、単純に電池ケースを増設して電圧をあげるだけ。
説明するまでも無さそうですが、この記事を読んでくれてる神様有難い方のなかには詳しく知りたい方も入ると信じて作業工程を説明します。
題して

トマト大佐のM4A1改造記録♪(何

注意事項
・当ブログ全てにおいてそうですが、これから紹介することを真似、参考し行動を起こし、いかなる損害が発生しても、当方は一切責任を負いません。”全て”自己責任にてお願いします。
・悪用しようと企んでこの記事にたどりついたキチガイはできればさっさと去って下さい。恐らくそういう輩の知識と技術では不可能でしょうが悪用は厳禁です。


まず、M4A1のスリングを引っ掛ける所(前)のところにある棒を・・・
ピン
画鋲で押すと、(固いですげと垂直に力任せに押してください)
画鋲で
下の画像のように押し出せますのでペンチ当で引っこ抜いて下さい。
押す
はぁ?ブレてるぅ?か、顔洗ってよーく見てみろぉ(震え声)
ピンみたいなのが抜けたら今度はバレルモドキ()が抜けるようになるので抜いてください。
とれる
こうなった方、正解です。
で、電池交換の際にあけるハンドガードの上部分をあけて、シールを剥がします。
すると画像赤丸のところに4つネジが見えるのでとります。
ねじとれ
すると下の部分も外れると思います。
ハンドガード
それで外れたハンドガードのマズル側から数えて4つ目か5つ目あたりにドライバーかなんかで穴をあける。
穴あけろ
今回は4つ目をチョイス。お好みに合わせてお選び下さい。
で、穴の大きさですが、
ネジナット
こんな感じのネジとナットで固定するのでそれ相応の大きさにしないとだめですよ。
次に単三電池ケースを引っ付ける土台をプラ板かかんなんかで適当に作成していきます。
イイのが無かったんでそこら辺に転がってた(うそ)体重計のパネル的なのを応用。
ごみ()
こいつからぶち抜く!
パネル
そして切ったり、削ったりして電池ケースをつけれるような感じにして下さい。
今回は時間もないしあれだったんで適当に作りました。
こんな感じ。
電池ケース
ネジを通す穴とネジ用のスペースを確保してくださいね。
で、ボルトではさんで下さい。
はさめ
そしたらさっき開けた穴に通して、
突っ込め
裏からもナットで固定してください。
裏も固定
※本当はこんなに出っぱってないです。
長すぎる場合は切るなりナット増やすなりして対処してください。
今更ですが土台と電池ケースは接着剤かなんかで貼ってくださいね。
さらに今更ですがこの土台のことをマウントと言いますが今回のはお粗末過ぎるので(ry
土台と電池ケースを固定できたら近くに配線ようの穴を開けてください。
配線

次に配線してきます。
M4A1についてた電池ケースのプラス側をハンダごてでとります。
とれ
で、とった方に増設する電池ケースの方のマイナス側を半田付けします。
マイナス
ゴテが無い方は普通に真ん中あたりを切って皮膜向いてネジるでもイイですがあまりお勧めできません。
まあ何やってるか小学校5年生程度の知能があれば分かりますよね♪
普通に直列に接続してるだけです。
プラス
で、当たり前のようのにとったプラス側のリード線に増設する方のプラス側を半田付けします。
黒いのがありますが気にしないでください。分かる方は分かります。配線を継ぎ足した時の継目の絶縁に熱収縮チューブをつかってるだけです。
配線はおしまいです。
後はハンドガード戻して、
戻せ
ネジ締めてバレルモドキつければ、、、
終わり♪
はい。無事終了♪ね?簡単でしょ?
皆さんもやってみてください。連射速度が”著しく”向上します。
ただ、スイッチが焼ききれたりすることがあるらしいです。まあ自己責任でね。
今のとこ何の問題もなく動作してます。電池の電圧が下がっても長く使えるのでとってもエコ♪

実際に撃ってもましたが、
うるさい。うるさいです。バネ伸ばしたので余計。
長くなったので静音化は次の機会に書きます。
では良いサバゲーライフを!

スポンサーサイト
top
どうも♪
やっと微分、積分を大体理解できたトマト大佐です。
いやぁ前々回の記事に図書館で借りた本を撮影してUPしましたよね?
借りた本
これです。この一番右下にある本を読んで勉強し、1週間かかりようやく”大体”理解できましたww
画質悪くて読めないと思いますが「面白いほどよく分かる微分積分」
と言う本です。
1から噛み砕いて説明されてて2次関数が分からなかった自分でも一応大凡理解できました!
いや本当にあり難いですね。
友人にちょっと読ませてあげたところ
「早く読み終わって貸してよ!」
と言われました。本当に興味がわいてきて面白く何といってもとても分りやすい構成です。これが無料で読める文明に生まれてきてよかったです。
取り敢えず最後まで読んで(あと数ページ残ってる)今度はちょっと難しい
「超入門微分積分」
をよんでマスターします。
1週間前にチラッと読んだところ1ページ目から難解でしたww
多分今なら分かります。
前者の70ページ目位で出てくる内容を後者は4、5ページ目くらいで解説してて対数とかの解説もチラッと見えたので(確認してない)変に期待してます。

長い前置きも終わりまして本題いきますか。フゥー
糞学校の技術でエコキューブラジオ2なるものを作ってまして先日完成しました!
自分が作ったのはこんな感じに仕上がりました。
エコキューブラジオ2
とっては収納も出来ますよ。移動に便利な取って付き♪みたいな。
側面
側面はこんな感じでデザイン性もよし。色は何種類かから選べます。
上から
上からみるとこんな感じ。ソーラーパネル付き、背後の回せそうなハンドルは三相交流モーターに繋がってて回せば内部の2.7V 10Fの電気二重層コンデンサ(属に言うスーパーキャパシター)に充電可能!勿論ソーラーも同じく充電可能。
勝手に同じコンデンサを学校に持参して俺だけ2.7V20Fなのは秘密♪
勿論電池でも駆動できます。セレクトスイッチがあって両方の電圧に応じた個数のLEDが点灯する機能つき!(電池残量検出回路)
アンテナ
アンテナはFM用でAMなら別に伸ばさなくても聞けます。
え?ブレてるだって?そ、そんなことないぞぉ(汗)
液晶
正面には液晶パネルがついてて現在時刻や同調周波数が表示されて結構便利♪
バリコンの上のLEDは恐らくスピーカーと並列になってて電波を受信すると明るく光ってくれて便利です。
他にもアラーム機能とか結構便利で気に入りました。
唯一の不満点は本体に
MADE IN CHINA
って書いてるところですかね。最終組み立ては日本でしたので
正真正銘
MADE IN JAPAN
なのであとで書き換えときます。
嘘はいけませんもんね♪

結構便利で使い勝手もいいですが、作る分には超簡単なキットになっていて、いかにも”初心者向け”ってか感じです。
はいそこ!「初心者向けってことはお前にはちょうどいいじゃないかぁw」
とか言わない!事実ですが、、、
基盤に部品配置してハンダ付けして組み込んでネジでとめるだけww
親切にもなかには練習用の基盤と抵抗、スズメッキ線が同封されてます。

ハンダ付けは経験者でなのですぐに終わり、暇だったので実技が苦手な可愛い女の娘を手伝ったりしてましたヘラヘラ
余った半田は学校側に回収されましたが(前に持ってくるようにいわれた)
数名の友人のおかげで結構な量集まりましたww
半田
左が貰った半田を百均の半田売ってたケースに詰めたの、右が百均で買った半田。
今ある量より貰った合計の方が多いww
皆ありがとな。
ちなみに百均半田は台湾製でこんな感じで売ってる。
購入部品
(写真中央)
あ、間違えた。中華民国製です。中華民国の皆さん、申し訳ございませんでした。

で、今回はここで紹介して終わりません。
今回、こんなにいい感じのラジオをゲットしたんだから前々から気になってた
剛力ちゃんのラジオを聞いてみました。
まずはいつもお世話になってるwikipedia様のお力を借りて
・放送時間
・放送局
・所在地
・周波数
・送信電力
等々調べる・・・
金曜だったのでニッポン放送が2440~2500まで放送してるらしい・・・
明日まで待てないしどうせなら遠距離受信して聞くのも面白いだろ!
昼間聞いてみるが受信できす・・・
まぁ夜間には出来るだろう。同じく福岡住みの方が時々聞こえるとHPに紹介してたし大丈夫だろう・・・
夜になるまでの間、ラジオを実戦配備()するか、、、
ってことで枕元にラジオを配置・・・
電波状況がひどすぎる・・・
ってことでアンテナ作って
自作アンテナ
窓を削って
削りましょう
配線()して
アンテナ線()
よし完璧だ!
実戦配備()
どうですか皆さん。寝床に犬(枕)とアンテナ、ラジオ、剛力彩芽のラジオの詳細な情報が書いてある紙、時計、ストップウォッチ、アンテナ線(窓の)そして・・・
コンセント
200V電源とアースがありますww
ハイテクでしょ!?
それは置いといてニッポン放送を夜間に受信する・・・
うーん、、、たまに聞こえなくなったり某国のラジオ局と思われる電波が混信してきてあまりよくないな・・・
でも聞こえる!
放送が始まり
「剛力彩芽のスマイルスマイル!」
って聞こえた瞬間とけそうな位嬉しかったですww
人間ってすごいなww好きな音はいくらノイズに邪魔されても鮮明に聞き分けれるww
てなわけで剛力ちゃんのすばらしいラジオ放送を聞いてるとあっという間に20分が経過しました。
で、次の日にもKBCの電波で聞く。内容は同じだけど枕元でも聞けるので布団のなかで聞いてましたww
いやぁ嬉しかったww至福のひと時でした。
剛力ちゃんにあいたーーーーーーーーーーーい!!
では〜♪

Sun 03 23 2014 | ラジオ | comments (7)
top
どうも。昇進訓練は悪天候のため中止になりました。
まあ準備不足だったしいっかww

本題いきます。
皆さん恐らくご存知のようにトマト大佐は無収入で慢性的な金欠症候群ですw
そこで極々僅かな電子(電気)工作の知識や感覚でやってる機械工作の腕を利用して
安価で雑魚いものを売って収入を得ることがあります。
これまでに幾らか利益をあげました(1.数k円)
で、今回は安価で出来てちょっぴり面白いこんなのを量産型にします。

カメラ基盤から部品を取るべくカメラ基盤がはいってる箱を漁る・・・
きばんいれ
あれ??
昇圧回路なし
昇圧回路ほとんど全部コイルガンに回ってるorz・・・
どうせ11個もいらないだろうしこの際、小型化して一部はフラッシュ装置用に取るとしよう。
使い捨てカメラコイルガンの昇圧回路も空中配線化してしまおうか・・・
昇圧基盤から部品を剥がす。ランドが極力とれないようにつくす・・・
ランド
全部はダルしまた後日すればいいし数日にわけて計6個空中配線・・・
昇圧回路
小型化のために不要な部品(トランジスタ云々ようダイオード)は取っ払ってあります。
俺案外器用なんだZe☆基盤についてた昇圧回路を指のりサイズにまで小さくしたぜ。
指のり

諸君
可愛い娘諸君!俺は大きな基盤(右)を指のりサイズ(左)にまで小さくできるほど器用なんだぜ(そんなこと言うから非リアなんだろ・・・)

それは置いといて・・・
部品の配置は臨機応変にしてコンデンサ等追加して配置・・・
ゴリ押し
木工用ボンドのゴリ押しですww電解コンデンサはデカいため黒い何かは剥かないと入らないw
乾いたら配線してちょっといじる。
しかしまだ完成ではない。このままでは裏から見れば汚く売れない・・・
裏から
デザイン性向上(雑魚配線&ボンドゴリ押しカモフラージュ)の為アルミテープぺたぺた。
表
裏側は電池ケース用の穴があいてます。
表
まあ完成です。

大凡の材料費は
電池ケース:80円
回路のはいってる箱:50円
スイッチ:70円
雑費:30円
計大凡230円程です。
350円位で売るか・・・
オークションすれば儲かるんだよねww

商品説明
・回路はダイオードがないのと電源ラインにスイッチが入ってるの以外写ルンですと同じ。
・充電は3secほどで完了しLEDが赤く点灯。プッシュスイッチを押すとバルス!
・小学生の図工程度のクオリティー

ご購入検討してみてくださいねww
もしも遠方の方で購入希望しいましたらtwitterなりメールなりコメントなりくれれば詳細を説明します。
基本手渡し。
可愛い娘限定で体クネクネして「ちょうだいよ〜。」とかいって甘えてくれればあげちゃうかもww
こんな薄っぺらいこと言ってるから冗談じゃなくてほんとだよww非リアなんだよww
ではこの辺で・・・

top

プロフィール

トマト大佐

Author:トマト大佐
電気飽きた。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

<< 全タイトルを表示 >>

カウンター

現在閲覧者数

現在の閲覧者数:

リンク

ブロとも申請フォーム

Twitter

ad

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。